読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nabejilog

若者の拙い思考が散らかっている、最高にセンチメンタルなブログ。

近隣住民がこれだけは伝えたい!「二子玉川」の魅力3つ

f:id:nabejirou:20170221035446j:plain

 

 この度、近隣住民の私が住みやすい&魅力的な街決定戦を勝手に開催し、勝手に第1位を決めた。

 

 栄えある第1位はもちろん二子玉川だ。二子玉川は最強の都市。巷では、「二子玉川は現代のユートピアではないか」「パクス・フタコタマガーワの到来も近い」と囁かれているとか、いないとか。二子玉川を中心とした平和国家が築かれる日はそう遠くない。

 

 何度でも言おう。二子玉川は最強の都市だ。 君のいない世界にも何かの意味はきっとあるかもしれないが、二子玉川のない世田谷など、夏休みのない八月のようだ。

 

 二子玉川が最強である理由を並べだしたら枚挙に暇がないが、今回は二子玉川の魅力を3つに絞って紹介していくので、ぜひ最後まで読んでいただきたい。

 

 何かしらの理由で引っ越しを考えているそこのアナタや、北は択捉島、南は沖ノ鳥島まで、今住む街の生活環境に不満を抱くすべての方に、まず二子玉川に向けて引っ越しを開始してほしい。さあ、つべこべ言わずに荷物を詰め込もう。

 

①にこたま!!

 二子玉川の魅力は、まず何と言ってもその略され方にある。

 

 「にこたま」だ。

 

 決して下ネタではない。何ともかわいらしい略され方である。これほどまでにかわいらしい略され方をした街があったであろうか? いやない。

 

  以前、二子玉川駅前を歩いていたところ、大学生と思しき2人組がこんな会話をしているのを見かけた。

 

「フタコマジで良いところだよね〜」

 

  フタコ!?!? フタコはないだろう。センスがない。かわいくない。

 

 

 

 こんなことで大事な項目を1つ潰してしまった。

 

②蔦屋家電が生活の文化レベルを上げまくる

 

real.tsite.jp

 

 トイザラスと蔦屋家電抜きでは私の人生を語ることはできない、と言っても過言ではない程度に私を文化人たらしめる環境となっている施設である。

 

 とは言え、蔦屋家電のおしゃれレベルが高すぎるあまり、私のような田舎者はハマりきっていないと感じるのもたしかである。

 

 そもそも、「蔦屋家電」とはいったいなんなのか。簡単に言うと、蔦屋家電は二子玉川駅から徒歩3分ほどのところに存在するおしゃれスポットだ。

 

 蔦屋「家電」とあるが、書店としての機能性も高く、ジャンルごとにわけられた本棚の近くには関連したおしゃれな小物などが置いてあり、すこぶる勝手が良い。至るところにソファがあるので、好奇心が尽きるまで本を読むことができる。店内にあるスターバックス前はコンセントが完備されているので、いかにも意識の高そうな人類がPCを広げている様を散見できる。

 

f:id:nabejirou:20170221022713j:plain

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/about/

 

 ↑特にこのスペースはおすすめだ。近くには人文学系の書籍が数多く並んでいる。この付近に座っている女子大生はニーチェを読んだふりをして生計を立てているとの噂がある。

 二人がけのソファでは、まるで春を先取りしたかのような恋人達がイチャついているので回転率が非常に悪い。空いていたらラッキーだと思ってすぐに陣取ろう。

 

 それにしても蔦屋家電はおしゃれが過ぎる。異性といやらしい会話をするのにちょうどよい暗さの照明、至るところに設置されている座り心地が留まることを知らないソファ、あたりまえのように鎮座するスターバックスコーヒー。これ以上、人の生活で何を望むことがあろうか。ここで一生を終えたい。

 

③駅からたった5分!河川敷で黄昏れられる

f:id:nabejirou:20170221024918j:plain

http://jiyugaoka.kencorp.co.jp/1304

 

 この画像を見て「楽園?」と思った方も多いだろう。聞いてビックリ、実はここ「二子玉川」なのである。しかも、駅から徒歩5分以内でいける。ウサインボルトなら30秒くらいでいけるだろう。

 

 河川敷は、おしゃれな人間にとって欠かせない生活の要素ではないだろうか。たしかに、港区のようなおしゃれスポットとは違い質素な感じもするが、真のおしゃれ人間は、河川敷で黄昏れながらあらゆることに思いを馳せることで、その深みを増し一線を画す存在になるのだ。そんな河川敷が徒歩5分以内で味わえる。これをすばらしいという言葉以外で形容することはできないだろう。

 

 河川敷付近の民度の高さ、景観についても安心してほしい。白タンクトップを着たおじさんなどけっして徘徊していない。

 

 日曜の午前にでも訪れていただきたい。多摩川の水面に煌めく太陽の光を背景に、川が和やかな音色を奏でる。その一連の出来事はあなたをやさしく包みこみ、癒やしに満たされ幸せが溢れるだろう。

 

 

最後に

 二子玉川の魅力を伝えたいがために、一部表現を誇張しすぎた感は否めない。

 

 しかし、私が二子玉川は素晴らしい街であることを伝えたいという熱意は読者に伝わったのではないだろうか。私はそれだけで十分満足だが、読者のみなさんにはぜひ二子玉川に足を運んでいただきたい。

 

 二子玉川には必要なものすべて、いやほとんど、いや気持ち多めに揃っている。

 

 人が欲するものの多くが駅から徒歩5分以内で手に入ってしまう街「二子玉川」。この感動をぜひ、日曜の午前にでも味わっていただきたいと心から願っています。

【君の名は】テスト期間に限って、さほど優先度の高くないことに集中してしまう現象

 

 なぜだ。

 

 なぜテスト期間に、よりにもよって全く手を付けていないレポートの提出期限が明日に迫っているという時に限って、ブログの見出しのデザインを変える技術を身に着けてしまったのだ。

 

 思考の順序がおかしい。どうなっているんだ。

 

 

※今回は、こちらのサイトを参考に、はてなブログの見出しのデザインを変更していい感じにしました。

ありがとうございます。

shiromatakumi.hatenablog.com

 

 

 ちなみに、見出しのデザインを変えたくて、詳しそうな先輩に訪ねたところ「自分で勉強しろ」と優しく突き返されたので、頑張って調べました。エンジニアの人って冷たい。

 

 

 そんなことより、どうしてテスト期間なのにブログを書いているんだろう。

 明らかにやらなくていいはずのことなのである。

 

 この件に関しては語り尽くされているはずなのでさっそく調べてみようと思う。

 

 

 さっそく発見した。

 

正常性バイアス(せいじょうせいバイアス、英: Normalcy bias)とは、認知バイアスの一種。 社会心理学災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。

 

セルフハンディキャッピングとは、試験など何かの本番前に予め「全然勉強できてない」「体調が悪い」などと言い訳をしておくアレのことである。 少し真面目な言い方をすると、「自らの失敗理由を外的要因に求め、自らの成功理由を内的要因に求めるための事前工作」を指す心理学用語である。

 

 セルフハンディキャップ正常性バイアスと言うらしい。なるほどである。

 

 こうしている内にもレポートの〆切は刻々と迫っている。

 自分は大丈夫だなんて思っていないのだが、なにしろブログを書く手が止まってくれない。もはや、私の意思とは別に脊髄反射で手が動いてしまっているのだ。

 

 思えばこの才能が開花したのは高校時代からだったかもしれない。

 

 あれはもう5年ほど前の話、高校時代は軽音楽部だったのでテスト期間に何らかの曲を完全にコピー、所謂完コピするのが常だった。達成感と共に訪れる絶望感。翌日に向き合うことになる圧倒的な後悔。「次はがんばろう」が実践されたことは、ただの一度も無かった。

 

 それならいっそのこと、「次のテストではめっちゃコピーするぞ!」と思い込めば良かったのではないだろうか?いや、気づくのが遅かった。というか、さっきから5分おきくらいに「ブログ書くなよ」と何処からかささやきが聞こえる。ダメだ、手が止まらない。誰か私の手を止めてくれ。アダルトビデオ鑑賞に勤しむとかしなければ、私の手が止まることはないだろう。いや、逆に手は動くのか。

 

 しかし、私は伊達に21年間を人間として過ごしていない。ここで、ベッドに潜り込もうものならば、レポートが終わっていない状態で大学に赴くことが決定されていることは容易に想像できる。だから、ここでベッドには潜りこまない、意地でも潜り込まない。それでもなぜかレポート執筆のためのWordファイルは開くに至らない。300字くらい書いてはネットサーフィンをしてしまう。レポートネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンレポネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィン ネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンネットサーフィンレポnくらいの割合でネットサーフィンである。これでは日が暮れてしまう。そもそも、とっくに日は暮れているのだが。

 

 まずは、残された時間を計算しなくてはならない。そうしないことには作業の時間もわからない。作業にかかる時間も検討しなくては焦るに焦れない。レポートの〆切は昼間の12時だ。今は深夜の1:52分である。ということはざっと10時間ほどある。その内8時間は寝たい。とすると、残された作業時間は2時間だ。残るレポートの文字数は7000字。1時間2000字を目安にすると3.5時間必要だ。

 

終 わ ら な い

 

終わらないじゃないか。どういうことだ。計算がおかしかったのか。終わらないなんてことがあるのか。いや、あってはならない。本当に、なんでブログを書いているんだ??

 

 いや、よく考えてみよう。私は生粋の文系で、高校時代の数学のテストは常々赤点であった。最終的には、当時の数学の先生である大滝先生も諦めたのか、40点で「お前もやればできるじゃないか!」と賞賛されてしまったほどである。これは私の計算能力を過信するわけにはいかない根拠になる。従って終わらないという計算は間違っていると言えるはずだ。きっとそう。

 

 とりあえず、こんなこと書いてる暇はないので、ひとまず仮眠を取ることにします。1時間無駄にしました。 

 

 それでは大学生のみなさん、お元気で!

ヤンキーインターンは「スベってる」と思った理由

 

 ぼーっとFACEBOOKを眺めていたら、「おもしろい!」というコメントと共にある動画が流れてきました。

 

 

youtu.be

 

 

 これだ。

 

 私は3分近いこの動画を観終わった瞬間に、何とも言えぬ気持ち悪い違和感を抱きました。言いたいことはたくさんあるのですが、端的に言って「スベってる」と。

 

 ただ、「スベってる」というdisだけでは何も意味がないと思うので、私がそう考える理由について説明していきます。

 

 

■ナレーションが舐めてる

 なんでカタコト?僕が知らないだけで、どこかの界隈ではカタコトが流行ってるんですか?

 

 シンプルに、言葉を選ばずに言えば、「不快」でした。

 「お前らはこういうのが好きなんだろ?」と言わんばかりのおふざけ。意図はわからないのですが、舐めてるとしか思えない。

 

 そして、この違和感はナレーションだけに留まることはありませんでした。

 

 

■エリートの上から目線の言葉が、果たしてヤンキーに届くのか

 動画内で、インターンの参加者を中卒高卒者限定としている理由について「大卒者よりも圧倒的に少ないチャンスの差を、どんな若者にでもチャンスがある東京で埋めることで、自分で自分の人生の可能性を広げて欲しい」述べています。

 

 「大卒者の方がチャンスが多い」という前提が、何の疑問もなく主張されているこの感じ、すっごく気持ち悪いと思いました。まさに、この意識こそがチャンスの差を広げているのではないかと思うわけです。

 

 先に断っておきたいのですが、私は「中卒高卒者より、大卒者の方がチャンスが多い」という主張自体に反対しているわけではありません。たしかに、職業選択の自由から見れば、中卒・高卒者は大卒者よりチャンスが少ないとかそういうデータはあるはずです。大卒じゃなければ就けない職業も取れない資格もあるわけですし、なんら間違ってはいないわけです。

 

 しかし、この動画の表現では 「お前らは機会が少ないし自分で人生の可能性を広げられない中卒・高卒、しかも田舎で過ごしていてかわいそう」という弱者への憐れみのような、差別じみた意識が前提になっていると感じませんか。

 

 田舎のヤンキーは東京で可能性を広げなければ幸せじゃないのでしょうか。彼らには彼らなりの価値観があって、彼らなりの幸せがあってしかるべきなのではないでしょうか。私はヤンキーだったわけではないので、どうしても彼らの気持ちをそのまま察することはできません。もちろん、先述した通り可能性が広がることは大変素晴らしいと思いますが、それにしても一方通行なメッセージじゃないかなあ、と思ったわけです。

 

 そして、動画の最後は

「CHOOSE YOUR LIFE」「自分の人生は、自分で選ばなきゃ。」

というコピーで締めくくられます。

 まるで、田舎のヤンキーは自分の人生を自分で選べないと言っているかの如く……。

 

 

■散々言ったが、ヤンキーインターンの仕組み自体はとても良いと思う

 散々文句を言ってきましたが、このインターン自体はすごく良いと思います。下に詳しい情報が載っていますが、インターン期間中の宿代なども出るうえに、いろいろなサポートもついているという何とも至れり尽くせりな状態で、こんな良いインターンはなかなかないと思います。

 

 それにサイトのデザインもイケてるし、参加者のインタビューなども読んでいて単純におもしろいです。ギャルが慶應SFCに受かるみたいな話がありましたが、あんなのより断然好きな話でした。ドラマ化しても良いと思う。

 

 今回触れた動画にしても、製作者の方々は大変優秀な人が揃っているんだと思いました。単純に動画のクオリティ高いですし、わかりやすいですよね。

 

 ただ、それだけ優秀であるが故に「エリート思考」が垣間見えてしまったのが勿体無いなあという印象です。

 

 個人的には、対象が対象だけに炎上はしないと思うんですけど、何とも言えない違和感が残ってしまったのが残念です。

 

hassyadai.com